August 16, 2014

あなたの未来が見つかる! 短編作品制作者が明かす創作秘話Powered by養老乃瀧

7日(土)14:00〜 あなたの未来が見つかる!
短編作品制作者が明かす創作秘話Powered by養老乃瀧

養老乃瀧池袋ビル5Fにて、国内外で注目の短編映画制作者が集結し、クリエティブとかかわり、シゴトにすることを目指している若い人たちに対し、作品解説付きの上映会やトークイベントを通じ、創造するという事の意味を知って貰う若手クリエイター育成型のイベント『あなたの未来が見つかる! 短編作品制作者が明かす創作秘話Powered by養老乃瀧』の開催が決定いたしました。
映像作家だけではなく、漫画や冊子の海外発信をするクリエイターなどが参加する座談会方式でのトークイベントは、多角的にクリエイターに必要な創造力の源を知る貴重な機会となります。

■ イベント概要

◆会場:養老乃瀧池袋ビル5F(東京都豊島区西池袋1丁目10−15) →地図はこちら
◆参加費:無料(ドリンクサービス券付き)
◆出演:有坂塁、桐木憲一、鈴木庸介、新海岳人、YORIYASU、エイイチ
◆司会:山内康裕
◆日時:6月7日(土) 14:00~17:00
13:30  開場
14:00~ 開演・開会挨拶
14:10~ 解説付き上映会『動物かんきょう会議』『OROKA』『かよえ!チュー学』『東京シャッターガール』
15:30~ ゲストトークショー創作秘話を語ってもらう
16:00~ ゲストディスカッション
テーマ:「海外の視点・アニメと実写他表現方法との接点・地域コンテンツの活用」
16:45~ 質疑応答

■ 上映作品紹介

『動物かんきょう会議』
(5分×3作品)

「人間にまかせちゃいられない」と世界から集まった動物たち。さまざまな立場や意見が衝突しながらも、いっしょに地球環境問題を考え行動します。このほど、アニメとして結実した「動物かんきょう会議」は1997年の地球温暖化防止京都会議から始まりました。この間、絵本、サイトとじっくりコンセプトを温め、本音のアニメ化を飛躍台にさらに環境学習のツールとして世界に展開しようとしています。

『OROKA』解説:YORIYASU、エイイチ(15分)

「もう育てるの無理!」

飽き性で気が強い母親がたかしを乗せてひと気のない場所へ車を走らせた。「もうね、どうしようもないのよ、私には無理!ごめんね。」その言葉を最後にたかしを置いてママは去っていった。ひとりぼっちで泣いているたかしはそこで同じような境遇の子供たちと出会う。そこは「畜生の地」と呼ばれ数人のおじさんたちが数十人の子供の面倒を見ている。けっして裕福とは言えない環境だが子供たちは楽しく暮らしているようにみえた。

 

『かよえ!チュー学』
解説:新海岳人(15分)

青春しゃべり場アニメーション「かよえ!チュー学」! キャラの濃いチュー学生たちの、学園ドラマ会話劇ショートアニメ。
東海テレビのローカルアニメながら、ももいろクローバーZ、石原さとみ、ヒャダイン等とのコラボで人気を全国に拡大。
YouTube再生回数は3200万回以上、DVDは10巻まで発売と、プチブレイクを果たしている。

『東京シャッターガール』
解説:桐木憲一(30分)

写真撮影という創作活動に取り組みながら部活の仲間達とのやりとりを織り交ぜつつ、少女達の成長描いていく物語。映画「東京シャッターガール」では手塚眞、小林幹幸、寺内康太郎の3人の監督がトリプルキャストという形でそれぞれの「東京シャッターガール」をオリジナルストーリーで実写化。オーディションから選考された夏目あおい・アイドルグループ 「SUPER☆GiRLS」のメンバー田中美麗、「桐島、部活やめるってよ」「悪の経典」出演の藤井武美等、豪華キャストでお送りするオムニバスショートフィルム。

■ ゲストトークショー登壇者プロフィール

有坂塁RUI ARISAKA

キノ・イグルー代表、移動映画館、シネマ・コンシェルジュ。2003年に中学校時代の同級生、有坂塁と渡辺順也によって設立された移動映画館。東京を拠点に全国各地のカフェ、雑貨屋、書店、パン屋、美術館、無人島など様々な空間で、世界各国の映画を上映している。多彩なアーティストとのコラボレーションを始め、夏の野外上映会、クリスマスパーティー、SHOPのAnniversary Party、こどもえいがかい、全国ツアー。さらには映画祭のディレクションや、ライブラリー向けのDVDセレクトまで、既存の枠にとらわれることなく、自由な発想で映画の楽しさを伝えている。縁とつながりを大切に。

連載: Oggi(小学館)
Hanako FOR MEN(マガジンハウス)
BLOG: 装苑 ONLINE(文化出版局)

桐木憲一KENICHI KIRIKI

漫画家。「東京シャッターガール」原作・映画プロデューサー、豊島区トキワ荘通り協働プロジェクト。
1991年 集英社週刊少年ジャンプホップステップ賞に誌上最年少で入選。
1992年 第36回赤塚賞準入賞。
2010年7月から週刊漫画ゴラク(日本文芸社)にて「東京シャッターガール」連載開始。

本作第8話で豊島区椎名町「トキワ荘通り」を取材で訪れたのを契機に豊島区と地元商店会・町会との協働文化事業「トキワ荘通り協働プロジェクト」に参加。以降、赤塚不二夫氏が住んでいた紫雲荘に入居し、漫画家によるワークショップの企画・運営等を担当。文化事業活動が各新聞・雑誌・テレビ・ラジオに大きく取り上げられ、本作は物語だけでなく実際の地域活性化に貢献することになった。

鈴木庸介KOSUKE SUZUKI

1975年豊島区北大塚生まれ 38歳
立教大学卒業後NHK入局、記者として警視庁や豊島区の行政などを取材。
2005年 NHK退職、コロンビア大学大学院入学。
2006年 ロンドン経済政治学院大学院入学、EUにおける移民政策を研究。
2007年 コロンビア大院修了(MPA・行政管理学修士)
ロンドン経済政治学院大学院修了(MPA)
帰国後、住宅供給を中心に、東京に住む外国人の生活をトータルにサポートする株式会社TOKYOSTAYを設立。
2009年 立教大学経済学部講師
2012年 国土交通省 関東運輸局 関東観光まちづくりアドバイザリー会議 委員
TOKYOSTYが運営する大塚の語学学習バー「SPEAKEASY」では毎月第1土曜日、東京在住の外国人アーティストが集まり交流を深める「Artist Night」が開かれている。

新海岳人TAKETO SHINKAI

アニメ監督。1982年生まれ。愛知県立芸術大学卒。
パナソニックのクリエイティブチーム、フリーランスを経て、Pie in the sky立ち上げ。
会話中心でストーリーが展開する「会話劇アニメ」シリーズなど、シナリオライティングをベースにおいた映像制作活動を行う。
第8回文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門奨励賞をはじめ、個人作家として受賞暦多数。

YORIYASUYORIYASU

横浜市在住、奈良県生まれ。
電力会社にて電柱に昇ったり、ダンプやトラックの運転から緊急車輌や特殊車輌の運転までこなす根っからの技術職人だったが、小さい頃からの夢を追いかけ2002年に上京。
イラスト制作・各種デザイン・アートディレクション等の企画・制作を経て、現在映像作家としても活動。
短編アニメーション映画を主に制作し、海外の映画祭でのノミネートや出品要請他、数々の映画祭で受賞している。
似顔絵に関しても、全国で活動されている似顔絵師の中から、活動実績や評価を基に、内閣府認証の公認似顔絵師(全国で45名の中の1人)である。

エイイチEIICHI

東京都生まれ。DTP制作会社の経験をかわれプロシード株式会社に入社。
全国紙にイラストを掲載する他、似顔絵、アニメーション、CDジャケットなど数多く手がける。

■ 司会者:山内康裕 プロフィール

Rマンガナイト/レインボーバード合同会社 代表。1979年生まれ。
マンガを介したコミュニケーションを生み出すユニット「マンガナイト」を結成。イベント・ワークショップ・執筆・選書等を手がける。 また、マンガに関連した企画会社レインボーバード合同会社を設立。施設・展示・販促・商品等のコンテンツプロデュース・キュレーション・プランニング業務を提供している。

※※※※※※※※※※※※※ お申し込みに関する注意事項 ※※※※※※※※※※※※※※

■養老乃瀧池袋ビル5F開催イベント(先着申込順)

<来場までの流れ>

1.会員登録
PeaTixに会員登録する

2.申込・取得
PeaTixでチケット【無料】を申し込み取得する
※定員に達し次第、受付終了となります

3.来場
当日、会場でチケット【無料】を係員に見せ入場